鍛治・酒井法律事務所

料金について

基本的な考え 料金は、日本弁護士連合会の(旧)報酬基準に準拠するものとし、事件の内容を考慮して定めます。料金は一般的には、着手金と報酬金に分けて頂くことになります。着手金は事件の結果に拘わらず頂くことになります。報酬金は、受任した事件でお客様が得られた経済的利益を基にして計算されます。
法律相談 30分の相談で5000円となります。ただし、初回の30分は無料です。
経済的に問題がある場合には、民事扶助の制度を利用するなど相談に応じます。
民事事件 着手金は10万円からとなります。具体的な額は得られるであろう経済的利益を考慮して決まります。
なお、報酬金は実際に得られた経済的利益に基づき算定されます
刑事事件 着手金は20万円です。事件が複雑な場合には最高50万円の範囲で調整するものとします。
報酬金は、通常、事案の難易度を考慮して20万円から50万円の範囲内としています。
契約交渉 着手金は10万円とします。報酬金は30分当たり5000円を基準にして交渉に要した時間から算定します。
その他 報酬基準に合致しない案件に関しましては、類似するケースの基準を基に相談により定めるものとします。